技術

蒸気機関

  • 帝国には無数の蒸気配管が張り巡らされ、宮廷や工場だけでなく一般家庭内に帝国国営の蒸気工場から蒸気エネルギーが供給されている。
  • 蒸気エネルギーを動力源とした工場内の工業機械や空調、昇降機などが実用化されている。
  • 帝都の一般家庭では主に熱源として、調理器具や温水器などに利用されている。
  • 携帯型の蒸気機械(ガジェットと呼ばれる)のために取外し式のアイテムが開発された。

ガジェット

  • ルドラ帝国によって生み出された携帯型の蒸気機械の総称。機械文明を象徴する道具の一つである。
  • 武器や装具、移動機や生活用品と様々でルドラ帝国だけでなく大陸中に普及している。
  • ガジェットはその性質上『蒸気エネルギー』を動力とするため、一定時間、あるいは一定回数使用すると再度エネルギーを補充する必要がある。動力となるエネルギーが封入されている「Gボンベ」で行う。
  • 武器に関して言えば、従来の金属製品に比べて高い性能を持つものが多く、銃器類ともなれば素人でも扱いやすいため一般人でも防犯の為に携帯するなどしている者も多い。
  • エネルギーが無くなると大幅な性能低下に陥る(例:剣型のガジェットならば切れ味や抜刀速度の低下、銃弾が発射されないなど)。
  • 一級品のガジェットは高価であることから、駆け出しの冒険者が手に入れるのは難しい。

Gボンベ

  • 正式名称はガジェットボンベ(略称はGB)。
  • ガジェット工場のある主要都市や補給地であるキャラバンサライなどにあるエネルギースタンドで再充填できる。
  • ガジェット武器の威力はエネルギーの供給量に比例する。Gボンベは小、中、大の3サイズ。
  • Gボンベの中にはSDガスが封入されている。
  • 使用後のGボンベはガジェット屋やジャンク屋で買い取ってくれるので、駆出しの冒険者はゴルト稼ぎのために道端で落ちていたら我先に拾うことがある。

SDガス

  • Gボンベの中に封入されていると記載されているガス。携帯できるガジェットに強力な蒸気エネルギーを送り込むことができる。
  • ガジェット武器は基本的に全てこのSDガスで動いている。
  • SDガスの生産方法は帝国の重要機密事項である。一般的な技師は貯蔵ボンベから携帯用のGボンベへの補充しかできず、SDという名称もなんの略かちゃんとは知らない。
  • 一般的にはスチームディプレッションガス(蒸気圧縮ガス)もしくはスチームディスティルドガス(蒸気精製ガス)の略だと考えられている。

超蒸気機関

  • 大戦後にルドラ帝国で製造され、今なお動き続ける極大の永久機関である。帝国はこの永久機関から生み出されるエネルギーを使って技術を発展させていった。
  • 運用されているものの殆どが帝都で用いられており、帝都とその周辺都市のライフラインを支える重要な役割を持つ。
  • その製造工程は秘匿されており、一部では「竜の心臓が用いられているのではないか?」という都市伝説がある。

武器

ガジェット武器

  • 広義には蒸気エネルギーを使って性能を向上させた武器を指す。
  • また火薬の元となる材料の枯渇により蒸気エネルギーがその代替えとして使われ始めた。
  • 蒸気エネルギーの大量生産化、ガジェット武器の性能安定化、また火薬の枯渇化により従来の火薬式銃は生産されなくなった。
  • Gボンベはガジェット屋で売られており、エネルギースタンドで再充填する。
  • 初期のガジェット武器には残圧計がなかったため蒸気圧切れが分からず、いきなりの効果低下に悩まされた。
  • ガジェットによってはエネルギー消費が激しい為、使用制限がある。使用制限を増やす為には、Gボンベを多くストックするか大型のGボンベを背負うかのどちらか。
  • 製品の名付けにはルールがあり漢字にルビを打った名前となる。例:書き 轟拳 読み ゴアナックル 表記 “轟拳「ゴアナックル」”

遠距離型ガジェット武器

  • 狭義のガジェット武器。通常ガジェット武器といえばこれを指す。
  • 従来の火薬エネルギーではなく、Gボンベに溜まっている蒸気エネルギーにより弾を発射する。
  • 魔法を付加できる特殊弾を発射できるものもある。
  • 蒸気エネルギーは弾発射以外に、射程距離や命中精度などの向上効果にも利用される。

連射式

  • 連続射撃に特化した型。素早い敵に有効。小型の物が多く一番普及されている。

範囲式

  • 一度に大量の銃弾を発射する事に特化した型。複数の敵に有効。小型のものは近距離、大型のものは遠距離に向いている。ホーミング機能も付いているものも多い為、照準完了まで時間が掛かる。

貫通式

  • 一発の威力に特化した型。銃弾を発射させる為にエネルギーチャージを行う時間が必要だが、鋼鉄を貫通させる程の威力を持つ。その為、長距離射撃にも向いている。

近接型ガジェット武器

  • 蒸気エネルギーにより各種効果が追加される。また形態が変わるものもある。

熱式

  • 刀身を赤く熱し、対象物を焼き斬ったり、熱による火傷を負わせたりできる。対魔獣や対人に有効。鉄を溶かす程の熱はない為、痛覚のないドロイド・ゴーレムにはあまり効果がない。

回転式

  • 武器に付いたブレードを回転させ対象物を斬ったり、貫いたり出来る。対ドロイド・ゴーレムや対人に有効。対魔獣は回転刃が毛や羽に絡まったりする為、対象を選ぶ必要がある。刀身を超振動させて切断力を上げるタイプもある。回転式の武器は強力だが、腕に多大な負荷がかかる為、使用する場合はパワーハンド系のガジェット装具が必要。

噴射式

  • 武器の噴射口があり、攻撃時に起動させる事により振り抜きスピードを上げたり、ヒット時の追加効果を与えたり出来る。汎用性が高い為、全ての相手に有効だが、噴射に使うエネルギー消費が多いので補充が必須。

ガジェット装具

強化式<パワーハンドなど>

  • 装具により握力、聴力、視力、腕力と言った身体能力を高める事が出来る。

発射式<ワイヤーガンなど>

  • 装具からワイヤーを発射させ、拘束したり、移動に使ったり出来る。

噴射式<ジェットパックなど>

  • 装具から蒸気エネルギーを噴射させ、移動上昇効果を与える。距離を詰める、離脱する、急加速するなど汎用性抜群だがエネルギー消費量が多い為、切り札として使う事が多い。

回転式<ホイールブーツなど>

  • 装具に付属した車輪やプロペラなどを回転させることで、陸上や水上での移動力の向上を可能とする。瞬間的に威力を発揮するのではなく、持続的にエネルギーを使用し続けるので補充が必須。

金属武器

  • 鉄や青銅などの色々な鉱石を元にして作られた金属製の武器のこと。
  • かつては旅人から傭兵、あるいは兵士や騎士、そして大多数の冒険者の旅に必要不可欠だった代物。
  • 近年は機械技術の発展で誕生したガジェット武器の普及に伴い、武器の製造数は激減し、金属製の武器を作る技術も衰退していった。町や村に1人は鍛冶屋が存在しているが、武器の研磨やメンテナンスもガジェット屋が請け負う事があるので鍛冶屋一本で仕事をしているものは少ない。
  • 現在は新たに金属製の武器を作るものはごく僅かで、流通している武器のほとんどが過去の戦争跡地や遺跡などで手に入る骨董品。市場で掘り出し物として手に入れたりする。
  • ガジェット武器はランニングコストがかかる為、なにかと物入りな駆け出しの冒険者にとって金属製の武器は必須の装備であり、ベテランの冒険者も副兵装として携行することが多い。
  • 頑丈に出来ており、長年使い続ける事が出来るので<相棒>の様に大事に扱っている冒険者たちが多い。

骨角武器

  • 魔獣から取れる骨や牙、角といった素材を加工して作った武器のこと。通常の動物素材より頑強である場合が多く、武具に加工される。
  • ガジェット武器や金属武器より加工性が良く、硬化剤を染み込ませれば短時間で更なる高強度も得られる事から製作期間が短く、自身でも作れる安価な武具として親しまれている。
  • 多孔質な物性を活かして神経毒を染み込ませる等して、状態異常武器とする事も可能。
  • デメリットとしては金属製の武具と比べて耐久性に劣り、消耗が早い事。更には骨格武器を扱う鍛治師が少ない為、メンテナンスは自分で行う必要がある。
  • ガジェット武器が普及していないプライモール地方では骨角武器職人が多く、プライモール製の骨角武器が武具として各地で取り扱われている。

乗物

陸上の乗物

  • 移動手段として用いられることが多い。
  • 馬貸し、馬に荷台を引かせた乗合馬車などが主な移動手段となる。
  • 個人で所有するのも馬貸しから借りるのもそこそこ金額がかかる為、一般人はロバに乗ることの方が多い。

蒸気駆動式四輪車(ガーニー)

  • 蒸気機関を動力として動く四輪車。
  • あくまで都市内部の移動手段として普及しているため、帝都から離れた地方都市などでは目にすることはない。車体自体が高額であり、燃費も悪い為一般人で購入しているものは少なく貴族の乗り物と娯楽用のモノとして認識をされている。
  • 帝都のあるズクンフッド地方から他の地方の遠地に足を運んだ旅行客などは、ガーニーの認知度の低さに驚く。
  • 蒸気駆動式二輪車(ダービー)という乗り物もある。主に帝都軍が使用している。

ガーニー=フロッグ・レース (G.Fレース)

  • 流線形に加工された車体を持つガーニーを利用した競技レース。着順を決める賭博でもある。
  • 月に一度開催されるトラックを周回しそのスピードを競うものと年に一度開催されるズクンフッド地方を横断する長距離レースと2種目がある。
  • 帝国民たちが熱狂観戦する名物競技であり、優勝チームはルドラ帝国より多額の賞金が貰え名誉も手に入る。
  • 「フロッグ・カー」の由来はその車体加工の見た目が『蛙』に見えることに由来する。子供達からは「ぐるぐるカエル」の愛称で親しまれており、大人から子供まで熱くなれる娯楽である。

水上の乗物

帆船

  • 帆を張り、潮の流れと風の力を利用する船。
  • 主に河川や運河で使われている。
  • 海での利用は出来ない。

外輪式蒸気船

  • その名が表すように、船の両外側に回転する外輪が備わっており、蒸気機関の動力によって外輪を回転させることで推進力を得る船である。
  • 帆船のように風に影響されることなく潮の流れにも逆らって内海を進むことができるため、海路を利用した輸送・貿易のために用いられる。
  • 海や河川の船の移動を狙う「盗賊」達もいる。その船の多くは武装した蒸気船である。

空用乗物

飛空艇

  • 蒸気機関と連動した大量の回転式推進翼(プロペラ)と巨大な質量をも浮かすことのできる気体をつめた気嚢により飛行を可能にした空飛ぶ船。
  • 主な用途は都市間の移動手段で、国営の交通機関である。
  • 高空を飛ぶため、魔獣や盗賊などと遭遇するリスクは激減するが、その分運賃が高いため、富裕層や大きな商会などの利用者が多い。

小型飛空艇

  • 一人または二人乗り用の小型の飛空艇。
  • 回転式推進翼(プロペラ)によって空を飛ぶことができ、内蔵した蒸気機関次第ではかなりの速度で飛行することが可能である。
  • 小型飛空艇の元となるものはすべて帝国のファルファード将軍が開発し、その失敗作などが市場に出回ったことにより、機能美に魅せられた一部の工房職人たちが独自で開発も始めた。
  • 性能はピンからキリまであったが、その当時貴重な民間開発の小型飛空艇を手に入れた者が現在の運び屋や空賊たちの先駆けとなった。
  • 長距離飛行には向かず、燃費も悪い。そして非常に壊れやすい為、飛空艇乗り命懸けだ。

巨大飛空船艦

  • 機械技術の結晶とも言える、超大型の飛空艇。
  • 一隻建造するために莫大な費用・膨大な人員・多大な時間を費やすため、帝国のみが所有している。
  • また帝国には『超蒸気機関』を動力源とする巨大飛空船艦があり、その能力は他の船艦の追随を許さない。