竜信仰

竜信仰者(リヴァイア)

  • 世界を守護していた竜、あるいは竜の自然を尊重する思想に帰依し、崇め、信仰する者。
  • 竜信仰は、かつて機械技術を発展させるため際限なく自然開拓、資源採掘し続ける人間に対して竜が異を唱えたことを始まりとしている。竜が授けた魔法は自然との同調を必須とするため、自然を破壊して機械技術を発展させる帝国の政策とは相容れない。
  • 自然を大事にしているだけの平和的な人がいる一方、機械が嫌いで帝国の技術推進に異を唱える過激な反帝国活動家もいる。
  • 現在では「竜信仰」は過去のものになりつつあり、若者の信仰率は低い。ただ、弔いの方法など竜信仰が元になっている風習などは残っている。
  • 帝国側の厳しい管理のため表立って信仰することができない。
  • 竜信仰者にとって妖精郷メディナヘイムは聖地の様な場所で、いつか行きたいと願う者は多い。

竜について

  • 超越的存在。あらゆる生命の頂点であり、世界の王者にして守護者。
  • 永遠に等しい命と豊富な知識と圧倒的な魔力を持ち人語を解する。
  • かつて魔法という技術・呪文をサラマンダー(竜人種)経由で人々に与えたのも竜である。
  • また竜が直接ではなく、サラマンダー(竜人種)を通して統治がなされていた。
  • 200年前、機械技術を手にした人間たちと争った際に滅ぼされてしまい、もはや存在しないと言われている。
  • 現在その存在は帝国より禁忌認定されており、竜に関しての知識は厳重に管理され、時に厳しい処罰を課されることもある。
  • 信仰の対象としては「神」 のように扱われる。

竜の遺跡について

  • 竜が住んでいたとされる土地や場所は帝国から破壊されていたり、廃墟や遺跡化していたりする。
  • いくつかの遺跡は破壊の後に帝国が建造物を設置し、厳重な管理下にある為、一般人が許可なく立ち入る事は出来ない。
  • 機能を破壊しつくされたものの、帝国は目的があって水面下で調査研究している。

竜精の巫女から得た知識

  • 帝国から妖精郷メディナヘイムを救う手助けをした冒険者達に竜精の巫女から感謝の意を込めて、メディナヘイムに伝わる「竜にまつわる情報」の一部を教えてもらった(イベント第4章)。
  • 郷の者たち以外には知り得ない情報の為、特に竜信仰者にとっては喉から手が出る程知りたい情報である。この情報の取り扱いはその場にいた冒険者たちに委ねられた。
創世記・竜の伝承より
  • 遥か昔、世界を創ったとされる「神龍」は人々へ知識を教えるために5つの竜に分かれた。火竜(かりゅう)・水竜(すいりゅう)・風竜(ふうりゅう)・土竜(どりゅう)・魂竜(こんりゅう)へと。竜たちは一部の者へ自らの血肉を与え、サラマンダー(竜人種)としての力を与えた。そして、サラマンダーより人びとへ魔法が伝わっていったとされる。
竜の名前について
  • 火水風土魂の五つの竜にはそれぞれ名前があり、その名を知る者は殆どいない。だが、水魔法と親和性が高かったハイエルフの始祖は水竜のサラマンダーにその名を教えてもらっており、現在まで伝えられてきた。水竜の名前は「水竜レイセーン」と云う

魔法

  • 呪文を唱えることで様々な現象を発生させることができる超常技術。
  • 魔法は周囲に天然の資源が多いほど魔法の威力が増大し、逆に人工物が多い場所だと魔法の威力は低下する。その為、魔法使いは魔力の源となる資源である魔法ツールを持ち歩いている。
  • 魔法は補助的な効果のものがほとんどで、手から火の玉が出たり、空から雷を落とすといった効果の呪文は存在しない。
  • 竜が存在しない現代において、魔法を習得するには大陸中に散逸した『竜の碑文』を探し出し、そこに記されている呪文を解読し書き写し『魔法屋』に持っていき魔法紙にしてもらう必要がある。
  • 魔法発生には「魔法紙に書かれた呪文の詠唱・属性ツールでルーンを描く」ことが必要な為、かなりの集中力が必要である。
  • 魔法は誰でも使用できるわけではなく「資質」があるモノたち以外は使用できないが、「封魔器-ふうまき-」と呼ばれる魔法を蓄積して任意で放出できる道具がある。非常に希少なものなので高値で交換されている。
  • 魔法の効果を付与することができる「特殊弾」と呼ばれる弾があり、装填する直前に特殊弾に魔法を込めて放つ。封魔器のように長時間魔法を閉じ込めることはできない。扱うにはそれなりの技術が必要。

魔法発動方法の違い

  • 魔法
    • 詠唱:魔法紙に書かれたルーンを詠唱。
    • 範囲:術者の持つ魔法ツールで触れられる距離。
    • 魔法に素養がある者しか使用することはできない。
  • 特殊弾による魔法
    • 詠唱:魔法紙に書かれたルーンを詠唱し、特殊弾に魔法を込める。
    • 範囲:特殊弾の着弾距離。
    • メリット:魔法の届く範囲の拡大。遠くにいる仲間の回復や相手への攻撃が可能になる。
    • デメリット:弾が対象に当たらなければ効果がない。1弾1人。手順が多く面倒。魔法の効果時間の半減。魂魔法は特殊弾に込めることが出来ない。ギアフォース職、もしくは機械と魔法のペア職でないと利用できない。
  • 封魔器による魔法
    • 詠唱:詠唱の必要がない。
    • 範囲:自分で投げられる距離。一定の衝撃により発動する。
    • メリット:詠唱時間がなく誰でも使用ができる。
    • デメリット:特殊な製法で作られているので、非常に高価なものである。一度しか使用できない。一定の衝撃で発動するので暴発する可能性がある。

魔法の種類と属性

  • この世界の魔法には四大属性魔法と魂魔法(闇属性と光属性)の5つの属性がある。
  • 現在存在が確認されている魔法は以下である。
    ドラング、アウルム、ビュー、ヒアルプ、テュシアー、エソジェン、ランケ、オーダル
    まだ一部の魔法については呪文の一部が解明されていない。

    属性 名前 効果 呪文
    ドラング 攻撃力アップ 我が身に宿りし叡智の炎よ
    汝が力にて芽吹かせよ命の力を
    ドラング
    アウルム 物体の強度を上げる 答えよ、豊かな財よ
    答えよ、秘めたる叡智の炎
    汝答えるならば、金色をその身に宿せ
    アウルム
    ビュー 視力が上がる この瞳に天空をかける鳥と
    等しき目と叡智を
    ビュー
    ヒアルプ 傷を小回復させる 清らかなる水の精霊の恵みと
    希望の種を
    ヒアルプ
    テュシアー 任意の相手に魔力を渡す われは汝のうちへと降らん
    静かに流れ出す〇の如く
    絶え間なく〇のうちへと律動を刻む
    貴き〇△〇
    テュシアー
    エソジェン 水や空気を浄化する 舞い踊る歓びの風
    運んでくるは季節の廻り
    エソジェン
    ランケ 一瞬だけ物理的に動きを止める 希望の種よ
    夜明けに大地へその根を下ろし
    絡みとれ
    ランケ
    オーダル 魔法の効果を打ち消す 高さの〇△と深さの〇△
    西の〇△と東の〇△
    北の〇△と南の〇△
    その中心は何処にでもあり
    その円周は何処にもない
    我と中心を一つに
    オーダル
  • 属性の相性・弱点属性
    • 四大属性
      • 火→水→風→土→火
      • ※火は水に強いが土に弱い
    • 魂属性
      • 天⇄闇
      • お互いに弱点

魔法の発動と魔法ツール

  • 魔法の発動にはその呪文に付随するツール(道具)を片手に持って呪文を詠唱する必要がある。
  • 呪文の詠唱後、ツールを対象に触れることで効果を発揮する。
  • ツールの大きさや素材の質、使用する場所で効果の威力が変わる。
    属性 効果・例 必要なツール
    強化・感情 木製の杖
    癒し・清め
    纏う・切断
    重さ・痺れ 指輪
    吸収・状態異常 貴石、半貴石

    竜の碑文

    • 世界の各地に点在する、竜が残したとされる碑文。
    • 碑文にはそれぞれ魔法の呪文が特殊なルーン文字で記されており、それを解読し魔法屋に解読メモを渡すことで魔法紙と交換して貰い、新たな魔法を体得することができる。
    • その多くは洞窟や遺跡の奥に隠されていることが多いが、記念碑代わりに街の中央に設置されているというような稀な事例も存在する。