Short Story

双子コビットの姉妹チエルユエル

特に大きな目標はなく、自分たちの気の向くまま、好奇心の向くままに冒険をしていた。

ふと、立ち寄ることになったポレパリベースで出会ったキッキレキという男からクエスト「エルフの隠れ里のお祭りの手伝い」を気軽に受けることに・・・・。

このクエストには明確な期日や場所は記されてなく、いろんな街を経由して目的地を目指すという少し怪しいクエストなのだが二人は何も考えず旅をつづける。

(写真 暁)

何事にも好奇心旺盛なユエルとちょっと心配性のチエル。

ポレパリベースから半年が過ぎたころには「エルフの隠れ里のお祭りクエスト」を受注していたことを忘れていた。そのまま、旅を続けてる二人はドワーフの住まう町「地下炭鉱都市ムードリアス」に立ち寄った。そこで、仲介人キッキレキ・ハルバルズを見つけて本来の目的を思い出す。

(写真 なら)

キッキレキに問い詰めても何も教えてもらえなかった二人。結局、次の目的地の手紙を渡されるだけ。

あきらめた二人はこの町でクエストを受けることにした。冒険しながらクエストをちょこちょこクリアしていたお陰でハンターランクは二人ともC級になっていた。

チエルは魔法を沢山覚えたいし、ユエルはでっかい武器が欲しい。一応、冒険者としての自覚が芽生えてきたのかな??

ムードリアスの数あるクエストの中から、「原因不明の病」を選んだ。

二人だけでは心もとないので、近くにいた冒険者たちに声をかけてみるが、一緒に行ってもらえない・・・。

クエストを諦めようかと最後に声をかけた冒険者がパーティーを組んでくれることになった。

(写真 テンクロ)

このクエストの依頼人であるファ族のファーワッカは喉を傷めているみたいで、早く治したいからギルドに依頼したらしい。

ウォーアーツのレフェリーを担当してるから今日中に治したいのだとか・・・・。

ユエル「上の酒場にゆず茶があるからそれ飲んだら治るでしょ?」

チエル「違うよ、ユエル~のど飴がよく効くんだって~」

冒険者「いや~私は首にネギのま・・・・」

ファーワッカ「いやいや、風邪じゃないからッ・・・ゴホッゴホッ」

原因不明の病・・・・。町にいる人で詳しい人を探しに情報を集める。

ドワーフの街には珍しい「魔法屋」で情報を聞き出したところ、浄化魔法「エソジェン」がもしかしたら効果があると教えてもらったので、パーティーを組んでいたエルフの魔法使いにお願いしてファーワッカに魔法をかけてもらうことにした。

風魔法なんで魔法ツールは羽、魔法紙は持ってるから後は呪文を唱えるのみ!!

 

舞い踊る 喜びの風

運んでくるは 季節の廻り

エソジェン

 

ファーワッカ「おお~~治ったぞ治ったぞ!!ありがとう!!」

ファーワッカからサインをもらい、クエスト受付に見せに行き、クエストクリアになった。良い仲間に恵まれたみたいだ。

(写真 月影)

クエストを終えて、酒場で大好きなごはんを食べていた二人の前に現れたのは、帝国六将軍ザラキエル

帝国軍やゴーレムは見たことがあったのだが、将軍を見たのは初めて。得体の知れないものを見た二人は恐怖を覚えた。しかし、それと同時に好奇心も芽生えていた。

ユエル「ねえねえ、ちょっと話しかけてみよっか」

チエル「うぅ・・・怖いけど・・・ユエルと一緒だったら大丈夫かも」

二人の好奇心には驚くばかりだ・・・・・・。

双子コビット「チエルとユエルの冒険」は続く。

エルフの隠れ里メディナヘイムで彼女たちを待ち受けるものとは_____。

 

 

 

サイドストーリー<双子コビットの冒険> 完