主催者の声

夜、寒くなりましたね。

クーラーはもういらないくらいです・・・・が、今の私の体感温度は30度くらい。

何故かって?

 

それは、予約開始まであと4日だからです!!!アァーー(絶叫)!!!

 

色んな情報を怒涛の様に公開している毎日は緊張の連続で手汗びっしょりです。

皆さんの反応を見ながら一喜一憂(?)しつつ、

「さあ、次だ!次だ!」の一人お祭り騒ぎ。色々対応してくれてるギルドメンバーありがとうございます!

 

そんな心拍数が上昇している私。

どうもエスタです。

 

さて、今回は積もり積もった公開内容について触れていこうかなと思います。

よかったらご覧ください!!!

 

NPC公開について

ほぼ、すべての主要NPCの公開が終わりました。どうですか、この写真を見るだけでワクワクしませんか?私は毎日HPを見てるのですが、そのたびに「いや~~かっこいいやん!可愛いやん!」って思ってます。もうね、好きなんですよ。全部のキャラクターが。

・・・ん?当たり前か、作者なんだから(笑)。

 

<妖精郷の住人について>
ハイエルフ・ミドガルエルフ・コビット・ヴォビットとエルフの中での違いを表現しました。
LIFEisFANTASIAの世界で一般的な「エルフ」と呼ばれるのはミドガルエルフで、ハイエルフは純血統族。コビット・ヴォビットは亜種的な。

いい感じに表現できたのではないのかな~~と。(私はヴォビットが好き)

キャラクターであれど、ただのコスプレ感は出したくはなくてですね。リアリティには説得力が必要。リアリティ=生活感。

全員日本人キャストだけど「エルフ感」は出ている筈。

 

NPC以外でエルフになっていただける参加者は何人くらいいるのかな~?楽しみですね。

ちなみに、私もエルフに・・いや、せめてヴォビットにとチャレンジしてみましたが、結果ただの「低級悪魔」になりました。

 

次元の狭間に帰ります。

 

 

 

<竜精の巫女について>

イベントサブタイトルの竜精の巫女のヴィジュアル。こちらもかなりの出来になったと自負しております。と、いうよりある方に依頼した時点で素晴らしき世界観を出せると信じておりました。

さくらあんずさん

http://Instagram.com/anzusakuraheart ※インスタ

独自の世界観を持っており、衣装から小道具までに息のかかった空間を創られるアーティストさんです。
前回ドワーフの時に出店頂きたわけですが、その時も凄かったんですよ。ハイこちら↓↓

model:Natsukoさん

まあ、凄いわけですよ。

前回のイベントが終わった時にエルフの時には出店作家としてではなく他の何かで協力いただきたいと思っていました。

ストーリーを考えていた時に「エルフの巫女」というワードが浮かんできて、頭の中で巫女のイメージが漠然と出てそれがさくらあんずさんの空間とリンクするのではないかと感覚的に思い、ご依頼させていただきました。

今回は竜精の巫女の衣装プロデュース&当日イベント中にある「竜精の巫女が眠る場所」の空間もさくらあんずプロデュースです。全面プロデュース!!

LIFEisFANTASIAの世界観とさくらあんずの感性、そして忘れてはならない巫女役の黒機ひつじの存在感をMIXさせて「竜精の巫女」を表現したいと思います。

既に、写真と動画に登場してますが・・・・妖精?巫女?いや、女神!!?アテナだ!!!

 

「俺は聖闘士としてアテナを守らなければッ!!!」

 

神々しさ、儚さ、神秘的。そんな、重要人物に冒険者がお顔を拝見できるだろうか?普通では無理そうですよね。

その辺も表現しますよ!

お楽しみに!

 

 

<冒険者について>
参加いただける皆様と同じ立場である冒険者のNPCが出そろっております。おなじみのキャラクターや新キャラクターも続々と登場。
全てのキャラクターは自分のストーリーを持っており、それをこなす為にエルフの里にやってきてます。
もしかしたら、個人的に何かを依頼されたり、一緒にクエストに行けたり、お酒を飲んだり出来るかもしれないですね。

私からのおすすめは「NPCがいたらとりあえず話しかけよう!」です。

まあ、なので顔だけでも覚えてくれると嬉しいですね。

そして、NPC公開の第二弾のキャラの濃さですよ・・・。

激渋自由オジサマのトーマス、卵大好きファルガ、反乱軍潜入レッドチャップ

いや、全員何かやるやつッ!!(ツッコミ)

タオ・グリコ・トーマス・ファルガの出てる小説はすでに公開しております。

次の小説は「反乱軍リヴァイア=サン」のお話を出す予定。お楽しみに!

 

てか、反乱軍だか、帝国軍だか、俺は知らねぇ~ぜ!だって、オレ冒険者だし!

 

な、スタンスの方も全然オッケーです!あくまでも小説や設定などはプラスアルファですからね。

そもそも、在ったことのない人たちの情報を知ってるのはおかしいことではあるので知らなくてもいいわけです。

 

ただ、もっと物語の中身を知りたい方は「短編小説」「サイドストーリー」「冒険日誌」をよんでいただけると色々見えてくると思います。

 

彼らがどんな活躍をするかは、当日のお楽しみ♬♬

 

あ、そうだ。

今回はNPCともギルドカード交換できるようにしようかと思ってるので、みんなギルドカードを作るんだ!

コレクターになろうぜ!(カードバトルも出来るよ!)

 

 

<帝国軍について>
圧倒的悪役。超王道悪役。ラスボスの指示で初めに出てくる悪役をイメージしました。

前回のイベントに出てきたザラキエル将軍とはまた全然違うテイストですね。

いや~~イメージ通りですよホント!!王道悪役だと私は思ってます。
元ネタとなるキャラクターはあるんですが、(それはどのキャラもですが)私の中で、悪役や敵役のボスクラスになると絶対に必要な要素というのがあります。

特に「将軍」となると「将軍感」が必要なんです。

 

身長高い(体格がいい)・声でかい・顔が濃い・品がある・狂気・強い(力なのか、知識なのか、欲なのか)・存在感

 

まず、これが無いと私の思う帝国将軍にはなれない。

他にも要素が必要だと思ってるので、そう簡単にキャストって見つからないわけなんです。子悪党なんて誰でもできます(私みたいな)。

まあ、この考えはLIFEisFANTASIAの世界を考える上での個人的な考えです。

だが、バッチリなキャストを見つけたわけですよ。(わごまー、キミに決めたッ!!)

 

LIFEisFANTASIAのNPC写真やキャラクターの作り込みですが、ホント色んな人の能力の集合体なわけです。

世界観設定とキャラクターを理解し、衣装を集め、髪型やメイクやカラコンや写真などいろ~~んなパワーの結晶です。(ちなみにダントンのメイクとダクベスのメイクはあたくしよ)

なので、参加していただける皆様に

「世界観守るためにクオリティあげてこいや!!!」

なんて絶対に言いませんから安心してください!!

 

あ、忘れてたけどクルトン君も凄く良いよ。

表情が特に(笑)

スルトンはスケジュール間に合わなかったけど、いずれ公開しますので帝国の三人組集合を楽しみにお待ちください。

 

<動画について>
イベントフライヤーでは「妖精の里だ~~!楽しみだぜ!」みたいな気分だったわけなんですけど、動画の内容はそうではないですよね。

意味深というか、絶対何かあるヤツですね。

ストーリーを追いたい方はイベント中のNPC達の動きをチェックしてみてください!

前回の動画より、クオリティ上がりました!動画制作のタケディさんが頑張ってくれましたよ!!
キャストをしたメンバーたちも夏場撮影ホントお疲れさまでした~~!!

 

そして、フフフッ・・・今回はこれだけだと思ってもらったら困る。イベント中にも演出アリマス。ゴキタイクダサイ。

 

 

最後に、
イベント当日は「妖精郷メディナヘイムでの一日を体験」がメインです。

その里で色んな事が起こるかもしれませんが、全員がイベントストーリーを知らなければいけないわけではないんですよ。

実際、酒場に最後まで居てて

「イベントストーリー?街の出来事?は?飲んでたから知らねぇwww!」って方は居ましたよ。

それもライファンの楽しみ方の一つですよね!!

 

今回は初参加の方多数なので、イベントの歩き方の例を沢山紹介していきたいな~なんて思ってます。

 

さあさあ、予約開始まで残り4日・・・・ドキドキしますよね。

皆さんも「予約取れるかな~~」って心配されてますが、流石に一時間で埋まるとかは無いハズ・・・です。

前回は200名が30分で埋まりましたが、今回は大幅に枠を広げてます。会場も結構広い。

なので、当日までに予約してくれれば・・・・イケる・・・ハズ。(ハズばっかりw)

 

いや~~~全く読めない!!!

絶対参加するって心に決めた人は開始速攻で予約してください!

 

30分でもし埋まって一時間後に予約ストップしなきゃいけない事態になったら~~もうそれは申し訳ない!!としか、言えないです。

 

でもね逆に、誰も予約来なかったら!!どうしよう10人しか予約無かったら!!!なんて、思う私です。

怖いですね~~心臓に悪いです。

とはいえ、刻々と時間は迫るばかり。

 

ドキドキとワクワクとジリジリと迫りくる現実!!(楽しい)

 

 

てなわけで、今日はこんな感じで終わりにします!!

 

ではでは、引き続き情報公開をお楽しみくださいませ!!

 

 

 

自問自答のコーナー

Q.今回の会場を端から端まで全力疾走したら何分かかる??

A.多分500mくらいある気がするので、全力で走ったら肉離れを起こします。計測不能。

 

 

 

 

必要なのはお金とほんの少しの勇気。

#ライファンぼっち は優しい世界。

エスタ